営業案内

●営業時間●10:30~17:30
●定休日●日・祝 (お盆休み:8/11~8/15)
*時間外・日祝=応相談*
●ご予約・お問い合わせ●
080-8954-6537
北九州市小倉北区片野新町3-1-12レサンクシャ202号






2016年5月29日日曜日

リフレクソロジー・反射区とは?

ボンジュール♪
今日は空がどんよりですが、色づき始めた紫陽花の姿にうっとりしてしまいます。以前通っていた二日市のカフェでこの時期になると紫陽花が飾られていました。まるで子供が活けたようなダイナミックな活け方で、なんて素敵なんだろう!と目を奪われたことを思い出します。 私にとって紫陽花は、少し苦手な梅雨の楽しみです♪


花言葉は移り気が有名ですが、家族団欒という意味もあるそうです♪


花びら一枚一枚が可愛らしいですね♪

今日はルルフィーユの一押しメニュー・リフレクソロジーについて・・・です。
リフレクソロジーは、西洋式・東洋式があり、反射区と呼ばれる臓器や器官を足裏に投影した場所が少し異なりますが、いづれも60数か所もの反射区があります。
たとえば、鼻の反射区はアレルギー反応や気温差で鼻水の出る時にコリコリなる方が多くいらっしゃいます。抗炎症作用のあるユーカリアロマでフットバスを行い、ゆっくり鼻の反射区を揉みほぐすことで、スッキリなるんですよ!
反射区は見事にその方の不調な部分を投影しています。「なんで分かるんですか?!」と施術中に驚かれるお客様も多くいらっしゃいます。2000年以上前から、中国やエジプトで反射区療法(ゾーンセラピー)は行われており、1900年前半にアメリカの医師が学会で発表されたと言われています。薬や技術が発達していない時代から、人間は健康を得るために様々な研究をしてきたんですね。先人の智慧は偉大ですね!


 


本来人間には、ホメオスタシス= 生体恒常性 と呼ばれる体を一定の状態に保つはたらきが備わっているのですが、環境・ストレス・不安 などで、ホメオスタシスが機能しにくくなります。 リフレを定期的に続けていくことで、ホメオスタシスを高め、体をケアしていくことができます。

お客様に「月に何回通えば効果がありますか?」とよく聞かれます。可能であれば1週間に1回お受けいただくと効果的ですが、お忙しい週もありますよね。そこで、ルルフィーユではご希望される方には、その方に合ったホームケア(セルフケア)をお伝えしております。
健康でハッピーな自分作りは、楽しく行うことが大切です♪ 無理に通っていただくことはお勧めしません。
ルルフィーユで、健康作りの第一歩を踏み出してみませんか?

0 件のコメント:

コメントを投稿