営業案内

9時~19時(予約制)
080-8954-6537
北九州市小倉北区片野新町3-1-12レサンクシャ202号
6月定休日:4(日)10(土)18(日)
























2016年8月14日日曜日

タロット大アルカナ♪ 城野の占い フォーチュンセラピー♪

ボンジュール♪

今日はフォーチュンセラピーのお客様によく聞かれる、タロット大アルカナ・愚者の旅について♪

まず簡単に説明しますと、タロットカードは、強い意味を持つ大アルカナ・22枚、大アルカナに比べると意味合いが弱まる小アルカナ・56枚の計78枚で構成されています。
大アルカナの始まりのカードは0(愚者・The fool)で、その愚者が、続く1~21までのカードを旅していく、というように解釈されています。

  
                      
大アルカナ(左上0~右下21)




 この旅の主人公・愚か者(0)は、まだ何も知らない純粋な人です。まだ何も知らないということは、とても頼りないようでいながら、恐れ知らずで逞しいのです。
さて愚者はどんな旅をして何を学んでいくのでしょうか?

                
                       
大アルカナ0~10


≪上写真・左側≫
次の魔術師(1)は陽のエネルギー・女司祭(2)は陰のエネルギーを表します。まず愚者は、世界には陽と陰の両方のエネルギーが存在することを教えられます。
女帝(3)は、母の愛を表します。生まれてきて最初に包まれる愛と優しさです。続いて皇帝(4)父の威厳が、この世を生き抜くために、母の愛と相対的に与えられます。
それから司祭(5)の下で教育を受け、世の中には秩序が存在することを学びます。小学校入学といったところでしょうか。

≪上写真・右側≫
やがて愚者は恋の落ちます。恋人(6) 他者と繋がることの重要性を知ります。これは思春期の課題とも言えますね。そしてこの世で生きていくためには、2つの力が必要となることを学びます。
戦車(7)と力(8)の力は本質的に異なります。戦車は勝利をつかみ取る力であり、攻撃的でダイナミックです。力(8)は、ゆるぎない静かな力です。人と争うものではなく、自分の中の信念のような力です。この力は、周りの人を守るための力であり、大人になるにつれて必要となる愛にあふれた力です。
次の隠者(9)は、力を表すカードとは相対的なカードです。時に人は外に向かうエネルギーだけでなく、自分の中で様々なことを模索する時間を持たなくてはなりません。深く自分を見つめることで道筋を見つけることができます。
そして一つ目の区切り、運命の車輪(10)までたどりつきます。ここが最初のターニングポイントです。自分の運命に気付き愚者は、新たな目標を持ち更なる学びを深めていきます。

         
                         
大アルカナ11~21

                        
11~21にかけて、愚者は更なる深い学びの旅に出ます。ここからがどんどん奥が深くなっていき面白いですよ!

ご興味のある方には、フォーチュンセラピーでタロット占い受けることもできますし、タロット初級レッスンをお受け頂くこともできますよ。
次回のブログにタロット教室についてアップさせていただきますね♪
ア・ビアント♪


0 件のコメント:

コメントを投稿