営業案内

●営業時間●10:30~17:30
●定休日●日・祝
●時間外・日祝=応相談●

●ご予約・お問い合わせ●
080-8954-6537
lulu97@amail.plala.or.jp
北九州市小倉北区片野新町3-1-12レサンクシャ202号
公式HP
http://salondelulufille97.wixsite.com/salon-de-lulufille
















2018年7月17日火曜日

ご縁があるということ♪ ●占い カウンセリング タロット 小倉 北九州 福岡  ルルフィーユ●


ボンジュール♪


今日は「ご縁」という言葉について算命学のとタロットの観点からお話していきます。


算命学は、なんと二千何百年も前から続いていると言われる統計学で、生年月日から計算していきます。
還暦までをめぐる60干支のうち、ほとんどの方が3つの干支を持っています。(正確にいうと、2つだけの方、いくつかの干支を複雑に見ていった方がよい方もいらっしゃいますが)
その「ひとそれぞれ」の部分を、いろいろな面から照らし合わせて、「相性」をみていきます。


例えば、親子で似た性質や運気を持っていると、「気はあうけれど、困難にぶつかると一緒に倒れてしまいやすい」
逆に性質や運気に交わりがないと、「気が合わない。でも、困難の際には、違った角度からものごとが見られるので、思わぬ解決になることも」というような見方ができます。

どちらも異なる意味で、「ご縁がある」といえるのでしょうね。「合う子供には助けられる」でしょうし、「合わない子供には、自分を成長させてもらえる」のかもしれません。



タロットで鑑定してみても、親子の「想い」が相反することは多々あります。


右)親の想い 左)子の想い

親は子供との関係を楽しんでいる。子供は、親の考え方や接し方に、疲れや不満を感じている、というように見受けられます。このカードは、何かを少し変えていくことで、お互いの気持ちのズレを調整していくべきだと教えてくれています。


右)親の想い 左)子の想い


こちらのカードは、母親の葛藤を感じます。「白黒はっきりしなさいよ!」みたいな、苛立ちです。逆に子供は、「何も考えていない、家族は普通に好き」といった雰囲気。これらのカードからは、いくら言い続けても響かないような印象を受けます。


親子関係に限らず、相手の気持ちというのは、本当にわからないものです。お母さまからのご相談も、子供さん側からのご相談もお受けしますが、「何かがひとつうまくいけば・・・」と思うことがよくあります。


算命学やタロットからヒントを得て、少しでも気持ちが軽くなったり、相手とのやり取りがうまくいくようになるといいですね!せっかくいただいた「ご縁」ですから、上手に種をまいて、水をやって日を当てて、あなたらしいご縁の花が咲く日が迎えられますように!




京都ソワレのフルーツポンチ


東郷青児氏のショップカード



夏になると、京都にある喫茶ソワレのフルーツポンチがいただきたくなります。
喫茶のショップカード(東郷青児さんの絵)もまた素敵です。この店の雰囲気は、なんとなく心が落ち着きます。

土地や場所とも、きっとご縁があるのだと私は思っています。落ち着く場所、元気が出る場所、癒される場所。住む場所も、周りの人も、すべてがご縁です。


ご縁は大切に♪ 
せっかくのご縁がうまくいっていないときには、何かのヒントを探しに、ルルフィーユをたずねてみてくださいね。心を込めて鑑定いたします。



それでは次は27日にお会いしましょう!

ア・ビアント♪
 
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿